<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 映画 英国王のスピーチ | Main | 映画 ブラック・スワン >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2冊一気読み。
タイトル並べると衝撃的ですが、美央ちゃんは死なない。

テレビ、映画でお馴染みの「アンフェア」原作です。
ドラマはよく見てました。
この秦 健日子さん、売れっ子の脚本家なんですね。経歴をみてびっくり。

この雪平夏見シリーズ、この2冊の前に「推理小説」と「アンフェアな月」というのがあるそうですが、そちらは未読。
でもドラマを見ていたので全く違和感無く入り込めました。

雪平や安藤や山路の描写がドラマそのままで、ドラマの再現力のすごさを感じ、脳内で篠原涼子らで常時再現。

意外な犯人や、テンポの良さで一気読みだったのは「殺してもいい命」
一方、猟奇殺人のようなセンセーショナルな展開で魅せた前半に反して、ラストがなんでこんななの????と拍子抜けして大変残念だったのが「愛娘にさよならを」

どちらも美央ちゃんが可哀そうで、胸がぎゅぅっとなります。

| みもりが読んだ本 | 21:51 | comments(2) | - | pookmark |
| - | 21:51 | - | - | pookmark |
COMMENT
はじめまして!私も小説版・雪平夏見シリーズ好きです♪
安藤が生きて雪平を見守っているのもいいですよねぇ〜!
TBしますので、よかったら当方のブログにもいらしてください。
| やっくん | 2011/11/16 3:07 PM |
気付くのが遅れて返信おそくなりました
m(_ _)m

安藤、何でテレビでは死ぬことにしちゃったんでしょうねぇ。
小説の淡く見え隠れする恋心が良いだけに、ちょっと惜しいですよね。

やっくんさんのブログにも遊びに行きますね。
| みもり | 2011/11/28 12:45 PM |
ADD YOUR COMMENT