<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 火の粉 | Main | 告白 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
さすが映画化されただけあって、公開捜査って辺りがとても映像的。

6年前誘拐の犯人を取り逃がした挙句、子供も殺害されてしまってマスコミの矢面にたった巻島刑事。

解決の糸口が見つからないまま停滞してしまった連続男児殺害事件に、左遷されていた巻島がまた引っ張り出され、テレビに出演して犯人をおびき出す目論見で公開捜査に踏み切る。

巻島の上司は色ボケで捜査の邪魔をするし、マスコミの報道合戦にも邪魔されたりしてその辺を楽しむ小説なのでしょうが、猟奇的殺人なのだからもっと犯人の人となりにも焦点を当ててほしかった気がする。
「火の粉」で犯人の異常さでゾクゾクさせられたので、今回も怖いもの見たさで期待してしまいましたが今回はそれは無し。

中盤ばたばただったが、終盤になり未解決だったの6年前の誘拐事件も一応の解決をみ、被害者家族との接触が緊張と共にホッとさせられる。
ラストの辺りはトヨエツの演技も観てみたい。
| みもりが読んだ本 | 20:52 | comments(0) | - | pookmark |
| - | 20:52 | - | - | pookmark |
COMMENT
ADD YOUR COMMENT