<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< パンク侍、斬られて候 | Main | ラッシュライフ >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
これ、読んだの2度目。
魔王」の時に書いたけど。

軽くて読みやすくてでも切ないラスト。
私の位置づけではマンガ的。良い意味でね。良い意味。

引っ越してきたアパートで出会ったのは、悪魔めいた印象の長身の青年。初対面だというのに、彼はいきなり「一緒に本屋を襲わないか」と持ちかけてきた。彼の標的は―たった一冊の広辞苑!?そんなおかしな話に乗る気などなかったのに、なぜか僕は決行の夜、モデルガンを手に書店の裏口に立ってしまったのだ!注目の気鋭が放つ清冽な傑作。第25回吉川英治文学新人賞受賞作。
(amazonより)

映画にもなって、その映画の告知でも「一緒に本屋を…」の台詞が印象的だったけども、何で本屋なんかをしかも広辞苑の為に、しかも実際盗ってきたのは広辞林(だったっけ?)…の真相が話せば長い。うん、そういう話。

現在と、二年前の出来事が交互に別の人の目線から語られ、徐々にどうして本屋なんか襲ったのかって事が分かってくる。
登場人物が若いってのもあるし、河崎が特に(京極堂シリーズの榎津のような)奇妙な明るさ、突飛な行動を取る為に全体的にライトに仕上がってて読みやすい。構成が凝ってるからグイグイ引き込まれる。

本屋を襲ってる時の種明かし…とでもいうのか、真相も妙にリアルで現実だったらこうなのかもしれないと思った。

でも、本は(面白かった物に限るけど)二回読むと良いのかもね。
今度はストーリーは忘れないと思うし。

今は天童荒太を無性に読みたい。
やっぱり数年前に読んだ「永遠の仔」はきっともうちょっと先にもう一回読むだろう。
「家族狩り」は一回でいいや。
新作「悼む人」本屋大賞で8位だったけど、近いうち読む。
| みもりが読んだ本 | 22:37 | comments(0) | - | pookmark |
| - | 22:37 | - | - | pookmark |
COMMENT
ADD YOUR COMMENT